2006年12月 4日 (月)

傾向と対策。

前々からあまり更新に熱心な性質ではないんでなんですが、近頃とみに滞りがちないいわけをさせてもらうと、寒いから。これだけ。

PCは自室にあるけどリビングのほうが暖かいので、なかなか部屋へ行く気になれない。部屋の暖房つければいいんだけど、光熱費もったいないしなあ。

で、朝以外はなるべく暖房使わないように寒さ対策としてやっていることをいくつか。

窓に緩衝材(プチプチですな)をはる。

日没まではカーテンを開けておく。

日没後はカーテンと雨戸を閉める。

マフラー&レッグウォーマー着用。

こんな感じでこの冬も乗り切ろうと思っているんですけど、家の中なのに息白いのを見るにつけ、沖縄に行きたいようと思う今日この頃。

そろそろ半纏も着用だな。

| | コメント (45) | トラックバック (0)

2006年11月26日 (日)

止戈男!

前々から職場の人と話をしていて、ひとつの疑問があったけれど今やっと解決しました。

スガシカオって漢字でどう書くのか。

菅 止戈男。そうだったのか。

てっきり須賀 鹿男だと思ってた。でも鹿男ってどうなんだ…。

そんなことを言っているのに実はスガシカオは大好きです。

というわけで先々週ライブに行きました。A県芸術劇場大ホール四階。

チケットが届いたとき、先行予約なのに四階ってあんた…と思ったけど五階の人のことを考えたらまあいいかと。

でも、ステージより天井に近い席って…。そりゃスガシカオも驚くよ。

あのホール自体はたぶんオペラを演ることを想定して作ってあるからああいう作りなのでしょう。そういえば以前あそこでオペラ観たし。

ライブはとても楽しかったです!MCもほぼ下ネタで(^_^;)

しかし次回は芸術劇場でないことを祈ります。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年11月13日 (月)

模様替え再び。

今日は休みだったので部屋の模様替えをしました。

といっても机とチェストの場所を入れ替えた程度…。まあいいや。

それだけでもなんとなく心機一転という感じ。

しかし片付かない部屋だな。本と雑誌とその他紙類がやたら多い…。そのうち捨てよう。

ついでにブログも模様替えしてみました。

寒くなってきたので暖かい雰囲気にしてみたつもり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 7日 (火)

給食の記憶。

恩田陸の「小説以外」という本(内容はエッセイや解説など、まさにタイトルどおりの本)を読んでいたらものすごーく久しぶりに「肝油」というものを思い出しました。

幼稚園から小学校低学年にかけて食べさせられていたというか、配布されていて、私のいた地域では緑色っぽい錠剤みたいな形だったなあ。

食感は砂糖をまぶしたグミ。当然あまい。

今思えば、あれは何だったのか。児童の健康のためなのか?

あと「ソフトめん」が他の地域の給食にはないと最近知って驚きました。

簡単にいえばうどんのような白い麺。でも食感は太すぎる焼きそば。

その麺にカレー(といっても具はひき肉のみ。ぜんぜん辛くない)を混ぜながら食すという代物で、こうやって書くととても美味しそうには思えない。

でも個人的には結構好きでした。まだ存在するのかどうかは謎だけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 6日 (月)

カウンターパンチ。

気付けば早や11月。今年もあと二ヶ月足らずで終わってしまいます。嗚呼…。

最近(に限らずかも)ブログ更新さぼり気味だったので、アクセス解析が豹変していてびっくり。

で、さっそくカウンターをくっつけてみました。なんとなく。

1800人てきっとブログ界(?)ではぜんぜん大したことないんだろうけれど、私にとってはものすごい人数。アクセスしてくださった方々、感謝です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年10月25日 (水)

芝居見物。

このところ芝居づいています。

先週は劇団四季の「異国の丘」を、昨日は蜷川幸雄演出・藤原竜也主演の「オレステス」を観てきました。

どちらもそれぞれ良かったけれど、私の好みで言えば断然「オレステス」!観にいって良かった!!

意外といい席で舞台から近く、オペラグラスなしでも充分役者さんの表情が見えたし。

某新聞の劇評では演出のマンネリ化が指摘されていたけど、私は蜷川氏演出の舞台は初めてだったので別に気にならなかった。

ただ、舞台上に降る雨の下で演技をする役者さんは大変そうだった(^^;)声が通りにくくて。エレクトラ役の中嶋朋子も喉が限界という感じでした。でも大楽だったし、仕方ないかな。

オレステスは六日間も何も食べず、体も洗わず、目ヤニだらけという設定。でも藤原竜也は汚い格好でもとても格好良かったのでした。そして演技も文句なし。すばらしい。

ともかく役者さんそれぞれの演技に迫力があって気付いたら舞台の世界に呑まれていた。

「異国の丘」は泣けました。実話でなくともシベリア抑留という悲劇があったことは事実。

抑留された兵士が家族に宛てた遺書を口頭で伝える場面では自然と涙が…。

で、そのあと劇場の隣のファミレスで食事をしていたらさっきまで舞台に立っていた役者さんたちが窓の外を駅に向かってぞろぞろ歩いていたのでびっくり。

隣県から来た友人の「同じ車両に乗ってるよ」というメールでまたびっくり。

劇団四季、地方公演の帰りはバスじゃないのね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月26日 (火)

おのぼりさん。

東京に行ってきました。二年ぶりくらいかな?

行ったところはというと、赤坂・六本木ヒルズ・表参道ヒルズ・お台場。

これで浅草と東京タワーがあれば完璧なおのぼりさんコースだったのに。

今回もいろんなところで道に迷って、いろんな人に親切に教えてもらいました。

東京の人は親切だ…ありがとうございました!

そして次回もお願いします(^_^;)>

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年9月 1日 (金)

九月です。

模様替えしてみました。

今日から九月だし。今年もあと四ヶ月か…。早いなあ。

夏の間、結局どこにも行かなかったので秋になったら旅行をしようという決意?もこめて、このブログデザインに。

でも飛行機に乗って行くようなところへは旅行しないかな。

たぶんまた電車で行くのだと思います。

電車好きだし。でも「テツ」じゃないよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月11日 (金)

B型の女。

今日、本屋さんでananを立ち読みしました。

今号の特集は「血液型でわかる本当のあなた」。

高校生のころ、担任の先生は「血液型占いにはなんの根拠もない」と言っていたけれどついついこの手のものは読んでしまう。

まあ、買ってまで読んだりはしないし、半信半疑といったところ。

でも読んでいると思わず納得なところも。

私は初対面の人にはまずA型と言われるB型です。

でも残念ながら?つきあいが長くなるにつれ、やっぱりB型だねと言われてちょっと複雑。

どういう意味なんだか。

私が思うに、私自身も含めてB型の人間には自分自身のなかに掟というか信念みたいなものを持っている人が多い気がします。

しかもその信念が若干、社会規範や法律とはちょっとずれた地点にあるような。

で、その信念というか掟を侵されると絶対に許さない。ある意味で頑固。

単に私の周囲のB型がヘンなだけかもしれませんが。あ、私もか…。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年7月26日 (水)

言いたくないけど。

暑い~…。

雨が止んだと思ったらこの暑さ。

もう言いたくないのについつい口が暑いと言ってしまう。

となりの市は本日めでたく(ない!)、日本一の気温でした。

おかげさまで梅雨の入りに夏バテが始まり、ちょっと回復しかけていたのにまた逆戻りのこの不調。

もはや素麺すら食べたくない。

でも、集中豪雨はとりあえず止んだようでよかったです。

被害に遭われた各地の方々、これからの現状復帰が大変そうですがなんとか頑張ってください。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧